とうろう流し

プログラム

11月8日(金)プログラムのご案内

広島グリーンアリーナ(開会式)

14:45〜15:45 基調講演『原爆被爆被害とは何か』
講師:川野徳幸 氏(広島大学平和センター センター長・教授)

原爆被爆被害とは、人間生活の全面、つまり、健康面(“いのち”“からだ”)、精神面(“こころ”)、社会・経済生活面(“くらし”)に深刻なダメージを与えた。さらに、これら各面における被害は相互に深く関連しあっているのである。講演では、その複合的な原爆被爆被害の一端を報告したい。

<講師プロフィール>
1966年生まれ。広島大学大学院医歯薬学総合研究科博士課程修了 博士(医学)。
広島大学原爆放射線医科学研究所附属国際放射線情報センター助手・助教、広島大学平和科学研究センター准教授等を経て、2013年6月から広島大学平和科学研究センター教授。2017年4月より同センター長併任(2018年4月より機能強化のため所属機関名称変更)。専門は原爆・被ばく研究、平和学。広島・長崎原爆被害、セミパラチンスク・チェルノブイリの核被害について社会医学的視点から調査研究を行っている。

ハノーバー庭園(バザール会場)/原爆ドーム前親水テラス

灯ろう流し体験プログラム

『灯ろう流し』は死者の魂を弔うためのお盆の行事「送り火」の一種として、古くから日本の各地で行われております。広島では、第2次世界大戦後間もなく原爆で親族や知人を失った遺族や仲間たちが「供養」と「復興」を願い手作りの灯ろうを川に流したのが始まりと言われており、毎年8月6日に「灯ろう」が流されるようになりました。この「灯ろう」には亡くなられた方の名前と流す人の名前を書き込むものですが、近年では国内外から参加される方々も多く「平和への思い」を書かれることも増えてきました。広島で約70 年の歴史を持つこの「灯ろう流し」は「供養」と「平和への思い」の意味を持つようになりました。

「ヒロシマ体験イベント」の1つとして、この「灯ろう流し」を通じて、世界の恒久平和のために皆さんひとりひとりの思いのこもった「ピースメッセージ」を広く世界へ発信していただければと思います。

広島平和記念公園には、日本中、世界中から平和への願いと祈りが込められた折り鶴が沢山届けられます。今回は、その折り鶴再生紙を使用してオリジナルの灯ろうを製作しました。

10:00〜17:00 灯ろう製作:バザール会場

・折り鶴再生紙で製作したオリジナル灯ろうに「平和へのメッセージ」を綴っていただきます

19:00〜21:00 灯ろう放流:原爆ドーム前親水テラス

・原爆ドーム前の親水テラスで灯ろうに点火をして元安川へ放流します

 

11月9日(土)プログラムのご案内

広島国際会議場:フェニックスホール(B1F)

9:30〜10:30  *一般公開 平和セミナー①『私の見た「ヒロシマ」』

講師:小倉桂子 氏(平和のためのヒロシマ通訳者グループ代表)

被爆証言をお話いただきます。

<講師プロフィール>
昭和12年8月4日生。8才の時、爆心地から2.4キロの牛田町で被爆。
昭和56年、平和のためのヒロシマ通訳者グループを設立。海外からの作家、メディア、平和運動家などの通訳として多くの作品に関わる。ニュールンベルグの反核模擬法廷、ニューヨークの世界核被害者会議などで、英語による被爆体験の証言を行う。現在広島平和記念館の被爆体験証言者として海外からの訪問者に被爆体験を語る。

13:00〜17:00 *一般公開 文化鑑賞講座

①13:00〜13:40 『大草神楽子ども研究クラブ』
昭和53年に旧大草小学校の学習発表会で神楽を舞ったのをきっかけに発足し、地元神楽保存会の指導のもと、活動を続けております。昨年は西日本豪雨災害により、稽古場であり道具や衣装の保管場所である大草公民館が床上浸水し、ほとんどの物が水損しました。存続も危ぶまれましたが、三原浮城ライオンズクラブ様をはじめ全国の方々からのご寄付をいただき、今年2月24日、復活公演を行うことができました。これも偏に、皆様のお陰と感謝いたしております。ありがとうございました。
今年は三原市大和町内外や東広島市からも入団し、小学1~6年生、中学1年生の計10名で活動しております。郷土に伝わる神楽を正しく継承し、皆様に喜んでいただけるよう頑張って参ります。

②13:40〜14:20 『安芸高田天神神楽団』
広島県安芸高田市美土里町北地区の天神社の神楽団。
天満宮は凡そ五百年前に京都の北野天満宮の分社として開かれました。
神楽団の結成はもっと後になりますが,古くから神社では神楽の奉納がされてきました。天神神楽団は,明治から昭和の初め頃に最も盛んに活動している記録が残っています。一時期戦争によって中断していましたが,昭和48年に復活し,昭和54年には【西尾山八幡神楽】として広島県無形民俗文化財の指定を受けました。 競演大会にも数多く出演しています。

③14:30〜15:10 日本舞踊『宗家藤間流藤桂会』
広島市内でお勉強している会です。古典、新舞踊、民謡、ジャズなども踊ります。本日は古典の中から長唄「菊の宴」、祝曲「牡丹獅子」、清元「玉屋」、清元「宮島音頭」の4曲を選びました。最古の曲は宮島を舞台にした白拍子(しらびょうし)と島の娘の踊りです。

④15:20〜16:00 『Nipponの鼓動表現者 原田嘉子』
広島県福山市出身。日本の伝統的なリズムを追求する傍ら、即興演奏とジャズのインタープレイを土台とした独自の和太鼓サウンドで、ジャズオーケストラとの共演を始めクラシック、ロック、舞踏、華道、絵画等、様々なジャンルとコラボレーション。2008年東京国際和太鼓コンテスト大太鼓部門で優秀賞を受賞。2017年4月CDアルバム「宇宙の鼓動」を全国リリース。
さらに自由で奥深い和太鼓サウンドを追求しながら、国内外でのコンサート活動を展開中!

⑤16:10〜17:00 安芸高田天神神楽団

広島国際会議場:ヒマワリ(B2F)

9:30〜11:30 *一般公開 平和セミナー②『ビジネスと平和』

・基調講演:「ビジネスを通じた社会貢献と平和構築~Dari Kの取り組みとその成果~」
講師:吉野慶一 氏(Dari K株式会社 代表取締役)

(他の講演者)
Jandatu Salicula Salik, Chairman, BUSIKONG GREENLAND ULTI-PURPOSE COOPERATIVE
Huan Ko Do, CEO, FAIR TRAVEL KOREA
・パネルディスカッション
 上記3名に加え、落合直之(OCHIAI Naoyuki) 国際協力機構職位

・パネルディスカッション
フィリピン人起業家、韓国人起業家、JICA

昨今、「ソーシャルビジネス」や「SDGs(持続可能な開発目標)」という言葉をよく聞くようになっています。社会課題や環境問題の解決あるいは平和構築といった現代社会が抱える課題に対して、政府・行政やNGO・NPOだけで対応するのは難しく、企業の力を活用していくことが不可欠だということは想像に難くありません。しかし、具体的にどのような企業のどのような活動が社会貢献や平和構築につながっているのでしょうか。京都とインドネシアにべースを置くダリケーは、一見普通のチョコレート屋さんですが、「カカオを通して世界を変える」をビジョンに掲げた同社の取り組みは、カカオの生産地においてこれまで大企業でも成しえなかった多くの社会インパクトを生み出しています。この講演では、ダリケーの具体的な活動内容を紹介しつつ、どのような取り組みがどのような社会課題の解決あるいは平和構築につながっているかについてお話したいと思います。

<講師プロフィール>
1981年栃木県足利市出身。佐野日大高校卒業。18歳からバックパックで約60か国を旅する。世界の現状を憂いたり、出来ない・やらない理由を声高に叫ぶだけでは自分も世界も変わらないと29歳で脱サラ。たまたま出会ったインドネシアのカカオに着目。不条理な環境により生計が安定しないカカオ農家に報いるため2011年にDari Kを創業。「努力が報われる社会」を目指し世界中を飛び回る。現在はチョコレートの製造にとどまらず、廃棄されているカカオの殻を使ったバイオマス発電にも挑戦中。SDGsビジネスアワード2017受賞。慶応義塾大学、京都大学大学院、オックスフォード大学大学院修了。投資銀行やヘッジファンドにて元金融アナリスト。

12:30〜14:00 国際会長方針セミナー「ダイバーシティセミナー」
14:10〜16:40 GATセミナー

広島国際会議場:ダリア(B2F)

10:30〜12:00 ライオンズクラブ国際協会「法律セミナー」
12:30〜13:00 *一般公開 平和セミナー③『ヒロシマの記憶遺産〜被爆後の応急復旧から持続的復興への道のり』

講師:ファンデルドゥース・ルリ 氏(広島大学 平和センター 准教授)

あの日、一瞬にして焦土と化したヒロシマ。応急的な復旧作業から平和都市建設の努力を経て、世界平和を希求する国際都市へと発展した。その道のりで、復興の原動力となったものは何か。持続的復興への鍵とは?「記憶遺産」の観点から、実践的にヒロシマの復興力を探る。

<講師プロフィール>
ルリ・ファン・デル・ドゥース。広島大学平和センター准教授。社会科学博士。エジンバラ大学言語科学、ケンブリッジ大学応用言語学、シェフィールド大学東アジア研究院、日本学術振興会外国人特別研究員を経て現職。専門は平和学・記憶の表象論・実証研究。多領域分析手法、社会心理言語学と言説分析などを用いて「記憶の表象」の社会文化的影響を研究。共著に Excavating the Power of Memory Japan (2016年Routledge)、「戦争への終止符」 (2016年法律文化社)、Media and Environmental Sustainability: An Empirical Study of National Media Reporting of Environmental Issues in China and Japan, (2017年Routledge) など.

15:20〜17:00 LCIFキャンペーン100セミナー

広島国際会議場:ラン1(B2F)

14:30〜16:30 日本文化体験

・ひろしまきもの遊びによる、着物体験と投扇興(実費として着物は2,000円、投扇興は参加賞付きで500円)
・データワークスによる、おりづる(折り)体験(クリアファイルのお土産付きで100円)

広島国際会議場:B2Fロビー

11:30〜15:00 野点体験「上田宗箇流」

日本文化では単に技術を磨くだけでなく、人としての成長をめざす、それが「道」という一言に表現されています。「武道」「書道」「華道」「香道」「茶道」などがあります。おもてなしの「道」の代表として「茶道」が挙げられます。
今回、特に外国の女性の方に向けて、野点体験プログラムをご用意いたしました。
広島が誇る「上田宗箇流」のお点前を通じて、日本の心、和の心でもある「わび・さび」の精神を是非ご体験ください。
各回先着20名様限定となります。当日、B2Fロビーで整理券を配布いたします。

①11:30〜 ②12:10〜 ③12:50〜 ④13:30〜 ⑤14:10〜

広島国際会議場:会議運営事務室(B1F)

折り鶴解体プログラム

広島市平和記念公園には、世界中の人々の平和への思いと祈り、夢や願いが込められた折り鶴が、毎年約1,000万羽(約10トン)も届いています。この折り鶴、実は以前は保存のみというかたちで、数十トンにもなっていました。

そこで、松井市長が方針を変更され市民の声が一番多かった折り鶴の再生も含む「折り鶴に託された思いを昇華させるための取組(最終とりくみ)」として推進されることとなりました。

但し、折り鶴を再製紙として循環させるには、紐や金属などの不要なものが付着していないことが条件となります。この不要なものを取り除く作業は、広島市から広島市内の作業所に委託されており、各作業所の皆さんが毎日地道に取り組んでおられます。

今回は社会福祉法人おりづる様の協力を得て、折り鶴解体ワークショップとして開催させていただきますので、皆様、是非ご参加ください。

10:00〜11:50/13:30〜16:00 折り鶴解体作業:会議運営事務室(B1F)

社会福祉法人おりづるでの折り鶴解体作業体験(各回20名)

  • 09:45国際会議場発===作業所(10:00/10:50)===11:05国際会議場着
  • 10:50国際会議場発===作業所(11:05/11:55)===12:10国際会議場着
  • 12:40国際会議場発===作業所(12:55/13:45)===14:00国際会議場着
  • 13:45国際会議場発===作業所(14:00/14:50)===15:05国際会議場着

※先着順となります。当日、B1F総合受付で整理券を配布いたします。

14:00〜15:20 *一般公開 平和セミナー④『留学生との対話』(ポスターセッション)

ハノーバー庭園(バザール会場)

11:30〜13:00 *一般公開(限定300食) LCIF糖尿病セミナー『糖尿病料理コンテスト〜広島の特産物を活用して〜』

広島県内6つの病院・大学が考えた広島の特産物を使った糖尿病料理を食べて、一番美味しく健康的な料理に投票していただきます。

参加施設:県立広島大学、県立広島病院、広島女学院大学、広島赤十字・原爆病院、広島大学病院、安田女子大学

後援:広島県医師会糖尿病対策推進会議

ハノーバー庭園(バザール会場)/原爆ドーム前親水テラス

灯ろう流し体験プログラム

『灯ろう流し』は死者の魂を弔うためのお盆の行事「送り火」の一種として、古くから日本の各地で行われております。広島では、第2次世界大戦後間もなく原爆で親族や知人を失った遺族や仲間たちが「供養」と「復興」を願い手作りの灯ろうを川に流したのが始まりと言われており、毎年8月6日に「灯ろう」が流されるようになりました。この「灯ろう」には亡くなられた方の名前と流す人の名前を書き込むものですが、近年では国内外から参加される方々も多く「平和への思い」を書かれることも増えてきました。広島で約70 年の歴史を持つこの「灯ろう流し」は「供養」と「平和への思い」の意味を持つようになりました。
「ヒロシマ体験イベント」の1つとして、この「灯ろう流し」を通じて、世界の恒久平和のために皆さんひとりひとりの思いのこもった「ピースメッセージ」を広く世界へ発信していただければと思います。
広島平和記念公園には、日本中、世界中から平和への願いと祈りが込められた折り鶴が沢山届けられます。今回は、その折り鶴再生紙を使用してオリジナルの灯ろうを製作しました。

10:00〜17:00 灯ろう製作:バザール会場

・折り鶴再生紙で製作したオリジナル灯ろうに「平和へのメッセージ」を綴っていただきます

19:00〜21:00 灯ろう放流:原爆ドーム前親水テラス

・原爆ドーム前の親水テラスで灯ろうに点火をして元安川へ放流します

ハノーバー庭園(バザール会場):ステージプログラム

●11月9日(土)

①10:00〜10:30 『姜暁艶二胡弦舞団』
二胡奏者・医学博士 姜 暁艶(ジャン ショウイェン)(Jiang Xiaoyan)
中国大連市生まれ、5歳から二胡を学ぶ。広島大学医学部客員研究員として1997年来日。2002年3月広島大学で医学博士号取得。現在、「いのちの尊さ・平和への願い」「慈しみの心・世界へ響け」をテーマに、日本全国やアメリカで数多くの医学講演会や二胡コンサート、テレビ出演を行う。演奏や作曲にとどまらず、舞台監督など総合プロデュ―サー、ステージファッションデザイナーとして幅広いジャンルで活躍している。

②10:40〜11:20 『Nipponの鼓動表現者 原田嘉子』
広島県福山市出身。日本の伝統的なリズムを追求する傍ら、即興演奏とジャズのインタープレイを土台とした独自の和太鼓サウンドで、ジャズオーケストラとの共演を始めクラシック、ロック、舞踏、華道、絵画等、様々なジャンルとコラボレーション。2008年東京国際和太鼓コンテスト大太鼓部門で優秀賞を受賞。2017年4月CDアルバム「宇宙の鼓動」を全国リリース。
さらに自由で奥深い和太鼓サウンドを追求しながら、国内外でのコンサート活動を展開中!

③13:40〜14:20 『deneb(デネブ)』
2009年結成。幅広い年齢に聞きやすいPOPSを発信する広島の6人組の音楽集団。
2017年インドネシアのポカリスエットのCMソングに楽曲が起用されたことをきっかけに一躍有名人。その後にさらに現地ドラマCM主題歌起用された楽曲のYOUTUBE再生回数累計900万回再生を記録。広島のローカルCMにも多数楽曲が起用されるほど、広島でも活躍中☆彡

④14:30〜15:10 『和太鼓クラブ 三光』
三光電業では、社員の結束力アップや地域貢献などを目的にクラブ活動を行っています。和太鼓倶楽部三光は、創業50周年記念式典を和太鼓演奏で盛り上げる為、社員で結成した倶楽部です。現在部員は20名。20代~40代まで幅広い年齢層で構成されています。

⑤15:20〜16:00 『大草神楽子ども研究クラブ』
広島には、多くの子ども神楽団があります。その中でも長い歴史を持つな団体が、「大草神楽子ども研究クラブ」です。1978(昭和53)年に大和町(現三原市大和町)の大草小学校(現在、大和小学校に統合)の児童によって結成されました。その後、何度か消滅の危機がありましたが、乗り越えて来ました。
地元の神社の秋祭りやイベントには欠かせない存在で、県外公演も経験しています。

⑥16:10〜16:50 『ガラシゲハ クールウォーター/カ・パーフラ・オ・カハラオマーブアナ』
平成6年にボケ防止に指先を動かしたら良いと、学生時代に楽しんでいたハワイアンをしようと結成して25年になります。年間あちらこちらのイベントに出演して楽しんでおります。

●フレンドシップミーティング

⑦17:00~17:30 『たつじんクラブ』
伝統芸能の継承は子ども達から、と始めた日本舞踊、長唄・三味線、能楽、落語の教室も既に15年以上を過ぎ、経験した子ども達は大学生にもなっています。教室でのちょっとした経験が仕事や大学にも繋がった子ども達もいます。
本日、舞台出演する子ども達の中にもお稽古や舞台発表の経験が人間形成に役立ち、いつの日かインターナショナルにも通じ国際交流の場で活躍できる可能性を持つ子どももいるでしょう。

⑧17:40〜18:30 『NPO広島フィリピン友好協会』
バンド名「Phil Am(フィル・アム)」
広島に滞在しているフィリピンの留学生3人とアメリカ人2人の5人組で結成された混合バンドです。結成歴はまだ浅いですが、広島のカフェやバーで精力的に楽しく活動しています!JAZZやPOPSなんでも演奏します!皆様が心ゆくまで、また、国境を越えて素晴らしい交流の場となるよう、精いっぱい演奏しますので、ぜひバザール会場OSEALフレンドシップミーティングにお越しください!

●11月10日(日)

①10:00〜10:40 『仲囲巣連(ないすれん)』
ナイス連は堺から笑顔を届ける活動を行なっています。代表者である川邊さんは「笑顔は自分だけでなく、周りの人も幸せにできる」魔法の表情だと言います。ナイス連では、感謝のこころが本物の笑顔を作ると考えています。「今ここに居て、仲間と会えることに感謝する」すべてはこの感謝のこころで始まります。そして私たちは自分だけが楽しむだけでなく、お互いの喜ばせごっこを大切にします。笑顔で楽しいすずめ踊り。これが私たちの目指すすずめ踊りです。

②11:00〜11:50 『山城組 大地』
山口県の小さくて美しい町、田布施町に石城山(いわきさん)という山があります。その山の麓「山城の里」から生まれた和太鼓の集団です。2005年地元の盆踊りの保存のために始まった活動も25年を迎え、数多くの公演を行ってまいりました。太陽に向かって飛び立つ不死鳥のように、情熱が全身を熱くさせるかの如く、力を込めて演奏する迫力のステージは、今までに感じたことのない新しい感触だと思います。山城組の精神・魂・感覚が息づく演奏にエネルギーが全開し、喜びと感動あふれるステージが展開されます。さあ!今すぐ感動の舞台に!

③12:10〜13:00 『NBCニコベリーダンスカンパニー』
Okayama Harmony Lions Club Okayama NBC Artist Branch よりNBC Nico Dance Companyが出演します。
NBC奉納舞を披露します。様々な神社に奉納を行い出雲大社には毎年岡山から60名程で奉納しています。ISAAM FORUM 2019 in Chennai ,Indiaより出演依頼を頂きました。本年度は出演にはなりませんでしたが、世界のライオンズの皆さんと交流を図り、様々な形の奉仕を学び、地域貢献に力を注ぎ、奉仕に繋げていきたいと思います。本日は子どもダンサーも出演し演目を披露します。

『Panみちゅ』
パンフルート製作・演奏家の今井勉(いまいつとむ)とピアノや鍵盤ハーモニカ奏者などの武藤美鶴(むとうみつる)の2人による音楽ユニットです。クラシックからポップス、ロック・民族音楽からアニメソングまで、幅広い音楽ジャンルの演奏とアットホームなステージトークが好評。企業の行事やイベントやレセプションでの演奏も行っております。

④13:10〜13:50 『FUNKY JAM KIDS』
木原世宥子先生率いるファンキージャムキッズは、今年で結成29年目です。
振り付け、構成、演出、フィットネス指導、スタイリストなど多方面で活躍中の木原先生には、ダンスだけでなく人として大切な事、命の尊さを教わっています。心を込めてをモットーに色々なジャンルのダンスを踊り、その楽しさを一人でも多くの人に伝えたいとダイナミックでパワフルな踊りを目指しています。
そして今年で24年、原爆がテーマの平和創作劇「I PRAY」を世界平和を願い、毎年8月に公演しております。韓国の大邱、長崎、神戸、仙台、岡山、奈良、福岡でも公演しました。11月22日からはギリシャ、アテネに参ります。
今日も平和への願いを込めて元気に笑顔で歌って踊ります。

⑤14:00〜14:40 『子供舞踊 日舞』
錦川流寿乃会(にしきがわりゅうことのかい)は、安佐南区を拠点に活動しています。幼児からシニアまでの会員が楽しくお稽古しています。

⑥14:50~15:40 『姜暁艶二胡弦舞団』
二胡奏者・医学博士 姜 暁艶(ジャン ショウイェン)(Jiang Xiaoyan)

ホームへ戻る